商品分類
スーパーコピー時計情報

よく見られるコピーブランド腕時計ケース種類について

コピーブランド腕時計を含めまして、腕時計全般によく見られるケースの形です。コピーブランド腕時計ケースの素材はステンレスが主ですが、セラミック、カーボン、チタン等の特殊素材もあります。低ランクコピー時計に使用されているケースは鋳物の物まで存在しています。ハイクラススーパーコピー時計になると本物同様にステンレスの塊から削り出すものも存在しています。

ラウンド 

画像通り真円形のケースです。最もよく見られるタイプですね。IWCスーパーコピーが代表的であります。

トノー
樽の型をしたケースです。1910年代~1930年代はアール・デコ期と呼ばれて、この時期に流行・発展したデザインです。フランクミュラー時計コピーが代表的である。

スクエア / カレ
→画像通りの正方形のケースですね。ケースは四角いですが、中のムーブメントは四角いではなく、丸型ほとんどです。代表的なコピーブランド腕時計はカルティエタンクスーパーコピーである。

レクタンギュラー

多少珍しい部類に入る長方形のケースです。この形のスーパーコピーブランド腕時計は以外に少ないです。ケースに収まる長方形のムーブメントは少ないです。レディース仕様のコピーブランド腕時計によく用いられるケースですね。こちらも代表的なコピーブランド腕時計はカルティエタンクスーパーコピーである。

オーバル

あまり見かけない楕円形のケースです。レディースコピーブランド腕時計に多く使用されています。女性もの多いカルティエ時計スーパーコピー代表的なコピーブランド時計ですね。


オクタゴン 
こちらの八角形ケースはなんと1920年代のロレックスによく用いられていたそうです。現在では人気上昇中のオーデマピゲ時計コピーが八角形ケースを多く採用しています。

クッション 
丸みを帯びた四角形はまさにパネライスーパーコピーのシンボルですね。四角いケースに対して丸い文字盤が用いられている事が特徴てきです。

シリンダー
ラウンドに非常に似ていますが、円柱形で、厚みあるラウンド型のケースであると言っていいと思います。コピーブランド時計の基本的な形ですね。

フレアード 
画像の様に縦センター部分の内側が細くなっている長方形ケースの両すそが緩やかに膨らみ、広がっている特殊的な形をしたケースですね。この形のブランド腕時計コピーはあまりおおくありません。

アーモンド 
あまり見られないアーモンド形状のケースです。文字盤が丸型が特徴的です。アンティークブランド腕時計コピーによく見られますが、やはりレアー商品の部類になってしまいます。




作成日:2017-05-23
前ページ:コピー時計に関する誤解について
次ページ:ブランドコピー時計のムーブメントについて